出典: Jinkawiki

クィア

空想的社会主義

KKK(クー・クラックス・クラン)

KKK(クー・クラックス・クラン)2

グーテンベルク

クールジャパン

熊谷空襲

熊谷連続殺人事件

熊本 水俣病

グラスゴー大学

グランドゼロ

グリーンコンシューマー

グリーフ

グリーフケア2

グリーフ・セラピー

グリーンピース(NGO)

グリーンピース4

クリスマス

クリスマス2

クリミア戦争

クラウゼビッツ

クループスカヤ3

グループワーク

グルントヴィ

グルントヴィ2

グルントヴィ3

グルントヴィの思想

黒田官兵衛

黒田官兵衛2

グロティウス1

グロティウス2

グローカリゼーション

グローカリゼーション2

グローカリゼーション3

グローバリゼーション1

グローバリゼーション4

グローバリゼーション5

グローバリゼーション6

グローバリゼーション7

グローバリゼーション8

グローバリゼーション9

グローバリゼーション10

[グローバリゼーション13]


グローバリゼーションとは、世界規模化を意味する言葉である。交通機関が発達し、国境を越えてた人々の移動が可能となる ことや、政治経済の分野において国家関係が緊密になることにより主権国家間の争いが世界へと拡大していくこと、 情報ネットワーク技術の発達によりインターネットなどの情報網が地球を覆い、国際金融視本の発展によって資本主義市場 も世界規模へと拡大され始めている。このような事態をグローバリゼーションを呼ぶ。 20世紀後半に社会主義(より平等で公正な社会を目指す思想、体制、運動)計画経済よりも有力であった 資本主義(資本の運動が社会のあらゆる基本原理となり、利潤や余剰価値を生む体制)自由経済、 特にその中核であった米国が、世界経済の一極化、単一化を計り、IMF・国際通貨基金などを通じて推し進めている政策が グローバリゼーションである。 どこの街にもマクドナルドやスターバックスができるなど、地域アイデンティティを破壊する「新手の文化的世界支配戦略」 という観点からアメリカナイゼーション(アメリカ企業の製品が世界市場にばらまかれ、生活様式までがアメリカ流に 画一化されること。その代表的なものがコカ・コーラで、コカコロニゼーションということばが生まれた。)とも揶揄される。 金融業、鉱工業、農業、技術標準などあらゆる面での一極化を指向しているが、欧州や南米を離米化・反米化させ、欧州共同体や南米共同体などそれぞれの地域共同体へ結束させているという一面もある。 グローバリゼーションの過程が真っ先に推し進められたのは金融である。金融資産のグローバルな規模での蓄積をベースとして、金融のネットワークが形成された。規制緩和、グローバル化、金融ビッグバン、アジア通貨危機、ロシア通貨危機が 金融のグローバリゼーションの例として挙げられる。

こうした状況の下、主権国家間の様々な問題に取り組むため、政治の領域においても、国際政治の基本単位が 主権国家だけではなく、国際機関、社会集団などに広がってきている。 課題とされている点は、リベラリズムに対してどのような対応が可能であるかということである。 リベラリズムとは、現実主義と並ぶ国際関係論の主要な学派のひとつであり、別名で多元主義あるいは理想主義とも 呼ばれることがある。国家の能力よりも国家の選好が国家行動の主な決定要因であると主張する考え方である。 つまりリベラリズムは国民国家と結びつくことで発達してきたのである。国際社会においても、価値観の異なる 他者との共存が求められる以上、リベラリズムがグローバルな正義の基礎となる原理となりうるのかが問われている。


参考文献 http://note.masm.jp/%A5%B0%A5%ED%A1%BC%A5%D0%A5%EA%A5%BC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3/      http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B0%A5%ED%A1%BC%A5%D0%A5%EA%A5%BC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3


グローバル化2

グリーンピース

グリーンピース2

グリーンピース3

クルド民族

クルプスカヤ

クルプスカヤ2

クー=クラックス=クラン/KKK

軍縮条約

軍隊

群馬県

群馬県2

ぐんまちゃん


  人間科学大事典

    ---50音の分類リンク---
                  
                  
                  
                  
                  
                  
                  
                          
                  
          

  構成